データベーススペシャリスト合格 受かるまでの勉強方法をまとめた

技術


データベーススペシャリストに受かった

2020/10/18のデータベーススペシャリスト試験に合格しました。

正直午後Ⅱで爆死したと思っていました。ぎりぎりではありますが、なんとか合格できました。

記憶が残っているうちにデータベーススペシャリスト合格に向けて何を勉強したのかをまとめてみたいと思います。

前提

  • 今回が2回目の受験です。前回は午後Ⅱまでいって落ちました。
  • 午前Ⅰは免除済み。
  • OracleマスターBronze取得済み。
  • 業務でデータベース設計はあまりやらない。SQLはそれなりに書く。

勉強の仕方

参考書

翔泳社の『データベーススペシャリスト 情報処理技術者試験学習書2021年版』を使っていました。

いわゆるみよちゃん本ですね。

この本は参考書というよりは、過去問集に近いかもしれません。

おまけとして過去20年近くの過去問とその解説PDFがダウンロードでき、そっちがむしろメイン。

私はKindle版を購入し、iPadの画面上で左に参考書もしくは過去問PDF、右にノートというスタイルで学習していました。

参考:iPadを使った勉強法

ひたすらノートにまとめる

前回の試験やJava silverの試験で知識の整理が足りていないなぁと感じたので、今回は知識を整理して身につけることを第一目標とするスタイルにしました。

(前回、直前に知識をがっと詰め込みすぎて、多対多の連関エンティティの矢印逆に書いたんですよね…。それがなかったら一発で受かってたかも…とほほ)

参考書を読みながら、わからない箇所をネットでググって補足したり、過去問解いてここは弱いポイントだなと感じたところをまとめたり……自分専用の参考書をつくるつもりでノートにまとめていきました。

作ったノートは3つ

  1. 詳細情報をまとめたノート
  2. マインドマップ(用語のつながり整理用)
  3. 過去問ノート(過去問の問題と回答、自分なりの解説、確認したほうが良い項目を記載)

午前Ⅱはそこまで対策しないことにした

午前Ⅱは過去問道場1周したのと、3回分ぐらい時間はかって過去問といてみて8割近く取れていたので、それ以上は対策しないことにしました。

正直午前Ⅱは問題数が少ないので、運も大きいかなぁと思っています。

モチベーションの保ち方

次に、試験を受けるまでのモチベーションの保ち方についてまとめます。

よっぽど勉強が好きな人以外はここが一番のネックですね。

ガッキーと結婚できる

データベーススペシャリストといえば……ガッキーと結婚できる資格として有名ですね(ごめんなさい、逃げ恥ネタです)。

この資格を取ればガッキーと結婚できるんや…わいは平匡さんになるんや…という謎の根性でモチベーションを保ちました(知らんけど)。

個人的に資格試験のモチベーションの保ち方は思い込みが大事だと思っています。

どうせ期間が決まっているので、変な思い込みでもとりあえず熱が冷めなければOK。

ま、結局試験1ヶ月前ぐらいはほぼノー勉だったりしましたが……。

業務でSQL使う機会が増えた

元々は汎用機でCOBOLとJCLをいじったり、要件定義やら人の作ったもののレビューやらしていたわけで。

SQLはWordpressで個人サイト作っていた時代に何回かいじったかな〜程度。あと、OracleマスターBronzeの試験勉強でMySQLたたいて確認したりしてた。

COBOLでもSQL扱えるんですけどね。単純に業務の領域的に機会がなかった。

それが最近は業務でもSQLを使う機会が増えました。

単純に業務で使っている知識ってモチベーション上がりますよね。

こうすれば受かりやすいんじゃないかなぁ〜

最後にこうすれば受かりやすくなるかも?なポイントをまとめておきます。

午後Ⅱは問2に絞る

午後Ⅱは問2(概念データモデル)一択が安定すると思います。

傾向は徐々に変わってきているらしいですが、みよちゃん本の対策方法が通用しやすいかなぁと思います。

ひたすらお絵かきの練習しましょう。

実際に午後Ⅱ解く前に、E-R図と正規化の知識までは身につけておいた方が良いです。

時間はかかるかもしれないですが自力で解ける度があがります。

正規化は第3正規化まででOK。

午後Ⅰ・Ⅱはみよちゃん本で最重要問題として紹介されている問題に絞って解く

午後Ⅰと午後Ⅱは最重要問題として紹介されている問題に絞って過去問を解いていくと良いと思います。

ちなみに午後Ⅱの問1はやる気と時間が足らず解きませんでした。

午後Ⅱは何周もするというよりは、解説を読み込んで、なんでその答えになるのかを理解する、今足りてない知識がなんなのかを確認して整理するというようにした方が良いかも。

午後Ⅱは解くのに時間かかりますしね。

午後Ⅰは2周ずつぐらい解きました。

試験本番は定規があった方が良い

データベーススペシャリストはかなり「作図」を求められる試験なので定規があった方が良いです。

いや、普通は持っていくもんなのかもしれないですが、私は1回目の試験フリーハンドで特攻してなかなかストレスだったので……。

なんとなく図のきれいさも合否に関係しているんじゃ…?なんて気もします(IPA様のみぞ知る)。

まとめ

今回のデータベーススペシャリストに受かった要因を一言でまとめると、解いた問題数よりちゃんと理解できてることが大事ということです。

あとは運もやっぱり大事。

試験である以上、受験までの時間は限られているので限られた時間の中でできるだけのことやって後は祈るだけ! ですね。

この記事がこれからデータベーススペシャリスト受ける人の参考になればうれしいです。